業種・部署
から活用方法を探す
  • 「人材育成・ノウハウ共有」を効率的に行う活用法
  • 「人材育成・ノウハウ共有」を効率的に行う活用法

    新たな人材の確保に難しくなっている昨今、一度確保した人材の能力は最大限に活かす必要があります。この記事では、「人材育成・ノウハウ共有」の効率化を目指したChatworkの活用方法をご紹介します。

    • 対象
      • 全プラン
      • 人事部向け
      • 経営層向け

    こんな課題ありませんか?

     

    • 人材育成・人材開発が思ったように進まない

    • 育成の時間がなかなか取れず後回しになってしまう

    • 配属後のモチベーションの低下が心配

    • 会社全体のビジネススキルをボトムアップしたい

     

    これらの課題に当てはまる方にぴったりの活用方法をご案内します。

    課題を解決する活用法

    下記の運用・活用法を参考に、課題を解決していきましょう。

    ■「人事からの連絡チャット」の活用



    異動や部署再編など人事に関わる情報共有
    は「人事からの連絡チャット」を活用しましょう。

    【メリット】

     

    • 概要欄に情報を一元管理しておくことで、自ら情報を取りに行ける仕組みができる

    • 掲示板や紙での回覧と比べて、タイムラグなく全体に通知できる

    • 質疑応答をチャットで行うことで、同じ内容の質問に何度も回答する手間が省ける

     

    【チャット内容】

    • 全社員に周知したい連絡事項(例:人事発令・部署編成など)

    • 連絡事項に関する質疑応答

     

    【グループチャットの設定】

    以下を見本に設定してみましょう。

    ※画像の内容は最新の状態と異なる場合があります

    【1】設定メンバー

    • 全社員

    【2】概要欄の使い方

    • 会社基本情報
    • 最新の人事組織体制
    • 評価制度など

     

    ■「〇〇さんフォローアップチャット」の活用



    配属後、人事の手から離れてからも必要に応じて人事のフォローが入る場合があります。早期離職を防ぐために、「〇〇さんフォローアップチャット」で配属先と連携をしましょう。

    【メリット】

    • アラートにいち早く気づくことで、問題が深刻化する前にフォローできる

    • 初成約や上司からの評価など良いニュースを共有することで、新入社員のモチベーションアップにつながる

    • 個人的な書類提出などの連絡やタスク管理ができる

     

    【チャット内容】

    • 配属後の新入社員の情報共有(実績や状態など)

    • 配属後の人事面談やフォロー依頼

     

    【グループチャットの設定】

    以下を見本に設定してみましょう。

     

    ※画像の内容は最新の状態と異なる場合があります

    【1】命名規則

    • (新入社員の名前)+フォローアップチャット
      新入社員ごと、配属部署ごとにチャットを作成しましょう

    【2】メンバー設定

    • 人事・採用チーム
    • 配属先の上司
    • 配属先の教育担当(メンターなど)

     

    POINT

    メンター制度の活用

    メンターは、日本語で「指導者、助言者」と訳されます。ビジネスにおけるメンターは、自身が仕事やキャリアの手本となって、新入社員や若手社員に助言・指導をし、個人の成長や精神的なサポートする人を指します。

    該当部署のマネージャーなどに新入社員のメンターを決定してもらい、「メンターと新入社員のチャット」を作成し、気軽に会社や業務のことを質問できる環境をつくることもおすすめです。

     

    ■「研修チャット」の活用


     

    研修などの育成プランを整えるのも人事の仕事の一つ。自主学習や外部の研修受講も組み合わせながら育成プランを立て「研修チャット」で研修進捗の見える化や情報共有をしましょう。

    【メリット】

    • 目標やゴールを共有することで、やるべきことが明確になる

    • 誰がどこまで進んだかが分かるようになるので、マネジメントがしやすくなる

    • 質疑応答をチャットで行うことで、同じ質問に回答する手間が省ける

     

    【チャット内容】

    • 課題図書や外部研修の受講依頼(タスクで実施)

    • 研修資料の共有

    • 分からないことへの質疑応答

     

    【グループチャットの設定】

    以下を見本に設定してみましょう。

     

    ※画像の内容は最新の状態と異なる場合があります

    【1】命名規則

    • 「(研修名称)チャット」のルールで作成
      例)新人研修チャット / 管理職研修チャット

    【2】メンバー設定

    • 人事部
    • 研修担当の社員
    • 研修の対象社員

    【2】概要欄の使い方

    • 研修スケジュール
    • 目標・ゴールなど

    ※画像の内容は最新の状態と異なる場合があります

     

    ■「社内勉強会チャット」の活用


     

    社内勉強会の告知や情報共有は「社内勉強会チャット」を活用しましょう。

    【メリット】

    • チャットツールで告知をすることで、全社員に漏れなく告知ができる

    • リアクション機能で気軽に参加表明することができる

    • 全社的な勉強会の実施で、社員の交流促進や成長のサポートができる

     

    【チャット内容】

    • 社内勉強会の告知

    • 勉強会の情報共有

    • 勉強会のアイディア募集など

     

    【グループチャットの設定】

    以下を見本に設定してみましょう。

     

    ※画像の内容は最新の状態と異なる場合があります

    【1】メンバー設定

    • 全社員

    【2】概要欄の使い方

    • 勉強会カレンダー
    • 勉強会投影資料など

    各種機能の使い方

     

    ▶グループチャットの作成方法はこちらを参照

    ▶タスクの追加方法はこちらを参照

    ▶メッセージにリアクションする方法はこちらを参照

     

    ご紹介した活用法をぜひ実践してみてください!

     


    無償の運用サポートご案内

     

    上記のような、各社の課題に合った活用方法のご提案、運用サポートを無料で行っています!

    相談フォームはこちら

    関連情報